ということで、

少し前になりますが、トーベ・ヤンソン あけぼの子ども森公園に行ってきました。
(本当はムーミンパークに行く予定だったけど混みすぎていて入れなかったのは内緒。)

トーベ・ヤンソンとは、フィンランドを代表する世界的な作家。
ムーミンシリーズなど、世界的に有名な作品を残しているすごい女性です。

トーベ・ヤンソン(フィンランド)やリサ・ラーソン(スウェーデン)など北欧では、
魅力的な感性を持った女性作家が多いですね。

ソーシャルな取り組みでも有名な企業も多いですし、なんかオシャレですよね。
いつかは行ってみたいです。

さて、トーベ・ヤンソン あけぼの子ども森公園ですが、正直あまり期待しないで
ふらっと立ち寄ったのですが、とってもいいところでした。

老若男女、生き物、虫、植物も自由に時間を過ごすための場所で、
時間を忘れ、ゆったり(ぐったり)しすぎてしまいました。

気がつけば、薄暮。

明るい時間から、暗い空間へと進む時間すら癒しの空間に変えてしまいます。

あまり時間がとれなかったので、夜まではいなかったのですが、
パンフレットを見るとライトアップもやっているようです。

キャッチコピーは、

森のすみかに灯るあかり「豊かな闇」を感じる時間

とありました。

もう、この言葉だけで癒されますね。
まぶたの裏に風景が浮かびます。

こんどは、夜を狙って行ってみようかと思います。