たま〜に、そして定期的に食べたくなる海鮮丼。なぜなのでしょうか?

シラス、マグロにホタテ、甘エビなどにイクラが乗っている。

見るだけで、ゴクリとします。

わさび醤油をつくり丼の上からかけて頬張れば至福の時を味わえます。

気づいたら、食べ終わっているという事もしばしば。

 

今回は、そんな海鮮丼を求めて熱海に行ってまいりました。

海なし県の私にとって海がチラッと見えるだけでも猛烈にテンションがあります。

お盆中なのか、お店は大混雑で50分待ち。(50分ならそうでもないか。)

 

そして、ついに待ちに待ってお店に入り海鮮丼が登場。

 

「おー!」ってなります。

「キタ━(゚∀゚)━! 」ってなります。

 

こんなに手軽に食べれて美味しい海鮮丼。

 

それもこれも、海を大事にする人たち、

敬意を持って漁業をする漁師さんたちのたまものだと思います。

 

海は大切にしたいですね!