葉桜の季節を迎え、GWを前に夏を思わせる陽ざしがとても気持ちいいですね。

今回は、障がい者アート協会さんと凸版印刷さんが共催されている「可能性アートプロジェクト展2022」のVR展示会が2022年3月31日(木)よりスタートしたのでご紹介します。

「可能性アートプロジェクト展2022」オンライン展
【URL】 https://toppanhrd.jp/kanouseiart/index.html (こちらをクリック)
【費用】 無料
※展示会はオンライン開催です。トッパン小石川本社ビルの現地では開催しておりません。

応募アーティスト146名579作品から選ばれた50作品がオンライン展で展示されています。
選考には、凸版印刷社員4,248名が参加されたそうなので、展示作品は選ばれし作品ですね!

オンライン上で展示される「可能性アートプロジェクト展2022」は、障がいをもつアーティストが描いたアート作品が展示されるだけでなく、作品に描かれたイラストやキャラクターが、バーチャル空間上で動き回る演出を導入されていて、バーチャル空間ならではの空間演出を楽しむことができます。

自宅にいながらパソコン・スマホの画面を通して気軽に楽しむことができるので、ぜひURLよりアクセスしてみて下さい。