湯を沸かすほどの熱い愛を観ました。

最近「自殺防止」のお仕事を手伝っており、「死」というものをより深く考えるようになりました。

そんな中観た「湯を沸かすほどの熱い愛」の宮沢りえさんのセリフ

「死にたくないよう」

が心に残りました。
「生きたいよう」ではなく「死にたくないよう」です。

母としての「愛」ゆえの言葉だとおもいます。

結局、死を意識する人に必要なのは「愛」なのだなぁ(たぶん)と思いました。

気になる方は是非観てみてください。色んな伏線があり、毒?もありました。

ストーリー Story

「余命2ヶ月。私には死ぬまでにするべきことがある。」
銭湯「幸の湯」を営む幸野家。
しかし、父が1年前にふらっと出奔。銭湯は休業状態。
母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。
そんなある日、突然「余命わずか」という宣告を受ける。
その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく。


©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

▪︎家出した夫を連れ帰り事業の銭湯を再開させる
▪︎気が優しすぎる娘を独り立ちさせる
▪︎娘をある人に会わせる

その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、
彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。
そして家族は、究極の愛を込めて母を葬ることを決意する。


©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

さ〜て銭湯に行こうっと!