2020年東京オリンピック・パラリンピックまであと2年、
各地で障がい者アートの理解や関心が深められているように感じます。

MOGUのある埼玉県では、
2020年の東京パラリンピックまで3~6カ月ごとに作品を入れ替え、障害者の芸術文化活動をより多くの人に知ってもらう、
「ホテルの1枚プロジェクト」がスタートしました!
埼玉県内のホテルのロビーなどで、障害者アーティストの作品を展示する取り組みが始まっています。

鶴岡一義さんの「Untitled」(さいたま市の浦和ロイヤルパインズホテル)
※日経電子版 2018/3/24 日本経済新聞 朝刊 より写真おかりしました。

ホテルに飾ると、県外の人、海外からの日本に訪れた人など多くの人の目にふれ、
福祉に関心のある人以外にもアートの素晴らしさを知ってもらえ、
とってもステキなプロジェクトだなと思います。

わたしも今度見に行ってみようと思っています!

また、2020年に向けて「パラリンアート世界大会」という、
世界中の障がいのある方が芸術的才能を披露する、障がい者アートのワールドカップも開催されています。
(※作品募集中の段階です)
個人的にとっても興味のある世界大会!
世界のアートが集まる大会、ここでしか見れない作品もありとっても楽しみです。
まだまだ日本の方の作品も街で目にする事が少なく、ましてや世界の方のアートはほとんど見た事がありません。

またこの大会がきっかけに日本のアーティストが世界で活躍したり、
海外アーティストが日本で活躍したり、2020年以降も様々なところで障がい者アートを目にする機会が増えていくのかなと
とっても楽しみにしています。

私たちMOGUでも、企業様と障がい者アートをつなげ、また自分達からも発信し、
2020年以降も多くの人に見てもらい、素晴らしさを伝えていきたいと考えています。