先日、展覧会「うふっ埼玉でこんなのみつけちゃった♪」展に行ってきました。
小江戸川越「いも膳」に隣接するギャラリー「アートギャラリー呼友館」には300点もの障がい者アートが並び、落ち着いた空間の中、アートを堪能してきました。

アーティストの新作は、展示会ではじめておめにかかることが多いので毎度楽しみです。
同じ作品でも、展示の方法が違うと見え方がかわります。
今回の方がすきだなー、前回の方がおもしろかったなーなんて思ったりもします。

おまけ:「いも膳」でうなぎとおいものバッテラなどが入ったお弁当をおいしくいただきました。


さいたま、いいですね!

MOGUでは、障がいがある人が描いたアートを使用した事業スキームや商品の提案をしており、どんな業種の企業でも採用していただく事が可能です。
「アートとしてすばらしい」と感じたものを、企業にあった形、もしくは真新しい形でご提案しています。お気軽にCONTCTからご相談ください。