秋をいっきに通り越し、冬を間近に感じるこの頃ですね。

工房集さんのHPで、とても興味のあるオンライン研修の情報がありました。

2021年11月11日(木)14:00~16:00
「障害がある人の魅力を伝える商品とは」

福祉施設が制作する商品や販売に関しての研修です!
オンラインの研修となりますので、多くの施設のご参加をお待ちしております、とのことなので、ぜひともご検討ください。

以下、工房集HPより————————————

アートセンター集のグッズ研修でもお世話になっているcon*tio(コンティオ)のお二人を講師に迎えて、
福祉施設が制作する商品や販売に関して、大切にしたい考え方を学びます。
障害者福祉施設関係者からご興味のある方までどなたでも申し込み可能です。
貴重なオンライン開催ですので、この機会にぜひご参加ください。

昨年より、新型コロナウイルス感染症が拡大し、多くの施設で活動の縮小などをされていると思います。
障害のある方の製品販売の機会も減少し、工賃においても少なからず影響が出ている施設も多いようです。
商品力を高めてネット販売などに新たな販売先(顧客)開拓に目を向ける施設も出てきています。
このような時だからこそ今回の研修では、改めて商品として販売することの基本的な考え方について学ぶことを目的としています。
講師として、多くの障害のある人と社会をつなぐ活動をしている「con*tio(コンティオ)」氏を講師に、何のための商品化なのかといった基本的な考え方の意識化や、価格設定や流通など、事例を通して各施設の取り組みを紹介していただきます。
オンラインの研修となりますので、多くの施設のご参加をお待ちしております。

◆講師プロフィール
杉千種・山口里佳(con*tio)
障害とアートを軸に中間支援を行うNPO 法人のスタッフとして培った社会福祉観をもとに、2014年にcon*tio を設立。様々な福祉施設とそれぞれの課題に一緒に向き合いながら、商品開発やアトリエ活動のサポート、展覧会やイベントのコーディネートをしている。福祉の現場・ひとの魅力を引き出せるような役割を目指して活動している。

◆開催日時:2021 年11月11日(木)14:00~16:00
◆会場:オンライン開催
※会議アプリZOOM を使用します。必ず事前にインストールをお願いします。

◆対象者:どなたでも
障害者施設関係者から福祉商品に興味のある方まで、広く募集します

◆参加費:
埼玉県セルプセンター協議会会員 / 1,000 円
会員外の方 / 2,000 円
※1事業所毎の参加費になりますので、複数人で参加しても上記金額になります。

◆お申し込み方法
Google アンケートフォームに必要事項をご記入ください
URL:https://forms.gle/tcagNExRRESwC4pQ7
締め切り:11 月7 日(日)まで

◆お振込み先
埼玉りそな銀行 浦和中央支店普通 口座番号1609188
一般社団法人埼玉県セルプセンター協議会 会長竹村絵里
必ずフォームにご記入いただいたお名前or 施設名でご入金ください

主催:一般社団法人埼玉県セルプセンター協議会
お問い合わせ:一般社団法人埼玉県セルプセンター協議会(事務局 森下)TEL:048-729-8426