最近、よくテレビCMで目にする「競艇」。

今まで、一度もやったことがなかったですが、気になっていたのでふらっと行ってきました。

お恥ずかしながら、舟券の買い方も見方もわからないまま行ったので最初は戸惑いましたが、すぐ慣れる事ができて楽しめました。

いかんせん、ビビりなせいか、かける金額も少なかったので当たっても少額でしたが熱い勝負ができました。

行くまでは、おじさん達のオアシスという印象でしたが、若い人たちも多く華やかな印象でした。

ボートレース戸田では、売り上げの一部は市に配分され、下記のようなまちづくりに生かされています。

  • 小中学校や消防本部の外壁や屋上の防水改修
  • 上戸田地域交流広場(あいパル広場)整備工事
  • 介護老人保健施設事業

 

 

また、北九州のボートレース若松では、収益金の一部が幅広い分野の社会貢献活動に役立てられているようです!

01:貧困をなくそう02:飢餓をゼロに03:すべての人に健康と福祉を04:質の高い教育をみんなに08:働きがいも経済成長も09:産業と技術革新の基盤をつくろう10:人や国の不平等をなくそう11:住み続けられるまちづくり13:気候変動に具体的な対策を14:海の豊かさを守ろう15:陸の豊かさも守ろう17:パートナーシップで目標を達成しよう

【社会貢献分野】

船舶・海洋に関する研究開発、海洋教育の普及や促進・海に関わる人材育成の支援、造船事業者への資金貸付、障害者の地域生活支援、福祉車両の配備、ホスピス・プログラム、子どもの健全育成、環境保全、復興支援、芸術文化や生涯スポーツの推進、犯罪被害者支援、貧困等の諸課題の解決や社会発展を担う人材育成、ネットワーク構築を目指した活動

 

こういうような仕組みがあると、負けても社会の役に立ってるかも?と思わせてくれるのでとってもよいと思いました。素敵ですね!

 

それではまた!