私たち株式会社MOGUの匠福連携とは、匠(デザイン)と福(福祉)をつなぐ全く新しい取り組みです。働く意欲のある高齢者には「技術」が、障がい者(アート)には細かな技法や既成概念にとらわれない「感性」が、被災地には皆で立ち上がる「パワー」があります。私たちは「デザイン」のちからで、その魅力を生活者に伝えるコミュニュケーターの役割を目指しています。「何か、社会的によさそうだから買う」ではなく、その本来の魅力を最大限に引き出し生活者に「買いたい」と思わせる商品を作る事が私たちの仕事であり使命です。

また、MOGUが掲げる「匠福連携」のリテラシーはただ単に障がい者アートを使い、グッツ化や収益をあげる能力にとどまらず、企業や団体に対し、様々な「アート・デザイン」の使用方法を提案し、社会的または、経済的に意味のあるプロジェクトを「協働」する能力と位置付けています。

結果、MOGUのデザインは、クリエイティブの現場にありがちな、ただ「かっこいい」「おしゃれ」としか受け取られないデザインはいたしません。
その、魅力やパワーを作り手個人の感性に縛られず、デザインの専門性を駆使した、しっかりと生活者とコミュニケーションを取れる商品に仕上げています。それは、マイノリティーと言われる人たちの「専門性」を活かす事により「世界」が持つ課題をも解決できる「物語」だと信じているからです。


株式会社MOGU
〒338-0832
埼玉県さいたま市桜区西堀2-21-4
T:048-866-4212
F:048-866-4287
2-21-4, Nishibori, Sakura-ku Saitama-shi, Saitama, 338-0832, Japan
代表取締役:伊藤大介