MOGUと 障がい者アート協会 の共同プロジェクト「まちがど障がい者アートギャラリー」がスタートしました。
これは、工事現場などの仮囲いに障がい者アートを使った、アートギャラリーを展開する取り組みです。

施工主様はCSR活動として活用できるほか、無地で無機質な工事現場の仮囲いを「魅せる」仮囲いに変えられます。
このプロジェクトにより、障がい者アートの「楽しさ」「素晴らしさ」が認知されるよう願っております。

第一弾は、上記プロジェクトにご賛同を頂き、協同して展開して頂く 日本セイフテー株式会社狭山第一機材センターとなります。
大きなペンギンが目印で、迫力満点なものに仕上がりました。お近くにお住いの方は是非一度足を運んで頂ければと思います。

本企画のように、MOGUでは様々な企業さまの事業に合わせ「障がい者アート」を使った事業スキームの提案(MOGU QURUMI ART PROJECT)をこれからも全力で行ってまいります。

illustrated by TAKUO(アートの輪)